アクセスのバーター取引は純増に貢献しないことを証明

アクセスアップのノウハウとして、トラフィックエクスチェンジの利用や応援ぽちのコメントを残すなどがネット上で情報公開されています。

トラフィックエクスチェンジや応援ポチは、相互にアクセスや投票権を交換する行動ですが、果たしてどんな効果があるのでしょうか。
SEOエキスパートが実証するまでもないノウハウなので、アクセス数の嵩上げ対策としての意味合いしかなさそうですが。


“アクセスのバーター取引は純増に貢献しないことを証明” の詳細は »

ウェブサイトのアクセス数はマーケティング力の一端を示す

ウェブサイトの関心として、アクセス数とアクセスの質についての議論があります。
どちらを重要視すべきか、ということで様々な意見がネット上でも情報公開されていますが、これについて考えてみます。

どのWEB担当者でも、アクセスが多くて質が良いことが、理想的ではあるでしょうが、そもそも「質の良いアクセス」ということに対して、明確な定義付けなしに議論されているケースが見受けられます。


“ウェブサイトのアクセス数はマーケティング力の一端を示す” の詳細は »

Googleの要人エンジニアの発言が注目される理由

検索エンジンの質を低下させるだけでなく、善良なウェブサイトの存在を脅かすのが、スパム行為によるウェブサイトの検索ランキング操作であることは、既に知られている事実です。

検索エンジンを運営するGoogleやYahooは、スパム行為に常に目を光らせる必要があります。
また、それらのウェブサイトを警告し、最悪の場合の処置として駆除する仕組みを構築していかなくなてはなりません。


“Googleの要人エンジニアの発言が注目される理由” の詳細は »

アルファブロガーが批判記事を書く目的は何か

アルファブロガーと呼ばれる、アクセス数の多いブログを運営し、その投稿が多くのファンを作り出し、ネット上に影響を与える人がいます。

ブロガーの多くは、投稿記事が人気投票によってランキングの上位に出現したり、ブックマークの数や被リンクの数にステータスを感じていると思わずにはいられません。


“アルファブロガーが批判記事を書く目的は何か” の詳細は »

 

サブドメインとディレクトリ論争に終止符を打つ簡単な方法

テーマの拡張を行うにあたってのURLの最適化と観点から、常に付きまとってくるのは、サブドメインでの運用か、ディレクトリでの運用かという議論です。

かつてサブドメインは、メインドメインとは別のサイトであるという認識を検索エンジンはしていましたが、サブドメインを悪用したスパム行為の横行で、現在は、同一ドメインのディレクトリのひとつとの認識をしているようです。


“サブドメインとディレクトリ論争に終止符を打つ簡単な方法” の詳細は »

ソーシャルブックマークの検索結果による重複コンテンツ

ソーシャルブックマークを活用してのウェブマーケティングは、まだ検証段階と感じているウェブマーケッターも多いのではないでしょうか。

米国ではソーシャルメディアを利用して、リンクベイティングや投票システムをマーケティングに活かすことは常態化しているようですね。

ソーシャルメディアそのもの活用の歴史の違いもあるでしょう。


“ソーシャルブックマークの検索結果による重複コンテンツ” の詳細は »

 

検索エンジンのアルゴリズムを勝手に大予想した計算式

SEOの先進国アメリカはワシントン州にあるSEO企業ブログに、創業者がとても興味深い記事を書いているのを見つけました。

Googleのアルゴリズムを意識した計算式で、SEOの優先順位に迷う人は参考になるのではないかと思ったので、紹介したいと思います。

もちろんGoogleの公式見解ではないので、読み物として割り切って頂きたいと思います。


“検索エンジンのアルゴリズムを勝手に大予想した計算式” の詳細は »

被リンクを獲得する際はアンカーテキストを準備しておく

ウェブサイトはリンクの獲得数でその存在価値が上がるわけですが、SEOという限られた世界の話だけに留まらず、被リンクは人気投票の得票数であり、支持者数とも言えるでしょう。

コンテンツを評価してくれた証としての被リンクであったり、個人的なつながりを表した被リンクでも、リンクを獲得していることに変わりはありません。


“被リンクを獲得する際はアンカーテキストを準備しておく” の詳細は »

 

ブログの運営をすすめる理由は豊富なメリットがあるため

ブログをやってみて病み付きになってしまっているブロガーは、たくさんいると思います。
自分の考えを文章化して、誰にも遠慮することなく公開できるのは、痛快なことですよね。

もちろん、記事の内容には必然的に責任を持つようにすべきなのですが、表現の自由を逆手にとって誹謗中傷などをしなければ、コミュニケーションツールとしても利用することができるのが強みですね。


“ブログの運営をすすめる理由は豊富なメリットがあるため” の詳細は »

インデクス数がウェブサイトのページ数より少ないとき

所有サイトのインデクス状況を見るために、site:クエリを用いて検索することがあると思います。
ところが、ウェブサイト全体のページ数と比べても明らかにインデクス数が少なく、しかも

最も的確な結果を表示するために、上の○件と似たページは除外されています。
検索結果をすべて表示するには、ここから再検索してください。

というメッセージはありませんか?


“インデクス数がウェブサイトのページ数より少ないとき” の詳細は »